Microsoftの検索エンジンは検索市場で大きくリードを許したGoogleに追いつく ために、自社で検索技術を開発、 2006 年3月にWindows Live Searchを公開しました。Google やYahoo! と同等・凌駕する検索精度を持つとうたっていましたが現実にはユーザーは離れ、検索シェアは減少し続け、 2005 年1月時点で15%あった米国での検索シェアが2008年3月には9.4%まで低下 しています。 日本国内もわずか5%に過ぎません。
このような事情から、サーチマーケティ ングの世界でMSN やLive Search はあまり重視されていないのが現状です。