HTML文書とともにCSSを使用することでWEBページのデザインやスタイルの変更や管理がし易くなり、作業上のミスの軽減にもつながるなどと言われているようです。CSSにもHTML文書同様に記述ルールがありますので、それぞれの働きや役割を1つ1つ理解してみましょう。「セレクタ」は、CSS内で指令を出す対象をあらわしています。「プロパティ」とは、「セレクタ」で示した対象に対してどのようなデザインを施すのかを指示します。「値」は「プロパティ」によって適用されるスタイルの詳細を指示します。CSSもテキストデータとなりますので、HTMLのように編集することができます。CSSファイルはスタイルシート言語などと呼ばれております。