CMS、ショップシステム、多言語展開といった仕様を決定しましょう。WordPressなどの更新システムを導入する更新管理がしやすいようです。WEB上の管理画面からサイトを簡単に更新できます。WEB制作の当初には、ぜひ導入して管理するようにしましょう。ちなみに、WordPressはCMSの約60%のシェアを誇っています。導入すると良いと思います。カートシステムは、BASE、FutureShopなど売り上げ規模に応じて選びましょう。多言語展開は、ターゲットに応じてサイト規模と言語を決定しましょう。WordPressを選ぶことで、テンプレート、カスタマイズ情報、プラグインが豊富となります。CMS(コンテンツマネジメントシステム)というのは、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアのことです。